複業大学

起業したことも気が付かない!?たった1万円で誰でも起業できる!

読書カレッジは複業大学へリニューアルいたします!

起業したことも気が付かない!?たった1万円で誰でも起業できる!

本を読んだ人:さるこう

リスクも資金もなしに、誰もがビジネスをスタートできる時代になってきました。

そうは言っても、起業はとてもハードルが高いような気がしてしまいます。

大きな立ち上げ資金を使って人生逆転の一発勝負に出る!

起業にそんなイメージを持っている方も多いのではないのでしょうか?

クリス・ギレボー著『1万円起業』ではそういったひと昔の前の企業ではなく、「普通の人」が小さな資金とアイデアで成功した事例がたくさん載っています。

具体的な条件としては、

・年間の収益500万以上
・初期資金1万円~10万円
・資格や特別な技能は必要としない
・ごく少人数(1人、もしくは友人数人)

を対象者として1,500人に数年がかりで調査した結果を書き記してあります。

それだけでなく、「情熱だけでは成功しない」、「顧客の年齢層を調べるな」などの起業に関するエッセンスなどにも言及しており、まさに起業の教科書といえる1冊です!

1、 気が付けば起業家

第一部では、実際に世界中で1万円起業家が次々と誕生していることや起業の際の心構えなどが事例も交えながら書かれています。

まず前提条件として、現代はマイクロビジネスを起こしやすい環境であるということがあります。

テクノロジーは安く、使いやすくなり、新しいアイデアはすぐにテスト販売できます。

例えば、PayPalを使えば数分で世界中の買い手から送金を受けることだってできてしまいます。

なんだか簡単に起業できそうな気がしてきませんか?

そして、その際に最も大切なことは自分の情熱とスキルを他人にとって有用なものと一致させることだと著者は言っています。

人は時間や労力ではなく価値にお金を支払います。

なので、情熱だけでなく他人の問題が解決できるかどうかが必要なのです。

これらのニーズを見つけ出す際、人はみな「お金、愛、自由、時間」といったものをより多く増やしたいと願い、「ストレス、争い、葛藤、不安」といったものはより少なく減らしたいと願っていることを考えるとヒントになるでしょう。

2、 さあ、街で売ろう

第二部では、実際にビジネスを開始していく際のノウハウやエッセンスが盛りだくさんです。

全部は書ききれないのでいくつか抜き出します。

はじめに著者が伝えているのはまずはやってみるということです。

もちろん計画の立て方にも言及していますが、計画だけ立てて実行しないのはもったいないということです。

せっかく手軽に始められるビジネスですので、素早くスタートし、反応を見てから考えればよいのです。

計画も立て、無事にビジネスをスタートし、うまくいき始める。

ここで最後に忘れてはならないのはあなたが取り組んでいるのは趣味ではなくビジネスだという点です。

誰も買ってくれないがすごい製品を作っても仕方ありません。

第一部にもつながるところですが、収入とキャッシュフローについては忘れてはいけないのです。

3、 利益を増やす次の一手

この章では、事業が一旦うまくスタートできたその後のことについて書かれています。

具体的な微調整の基本的なステップから応用的なステップまで幅広く網羅されています。

例えば値上げ。

値上げをすればお客さんが離れてしまいそうですが、しっかりとそれに見合った価値を提供し続けていればそんなことはありません。

しっかりと価値を提供できているなら価値に見合った値上げしましょう。

いずれのステップでも、水平方向の成長、垂直方向の成長の両方からビジネスを考えることが必要です。

また、事業をどう成長させるかという問題も出てきます。

必ずしも大きくすればよいというわけではなく、あなたが管理できる範囲でビジネスを続けることによって製品やサービス、起業当初の価値観が守られるというメリットもあります。

一方、人に任せる部分を増やすことにも、自分の時間を作り、違うことにチャレンジできるというメリットもあります。

最後に著者はアドバイスと許可を混同してはいけないと述べています。

誰かの許可を待っているくらいなら、待っていないではじめましょう!

まとめ

この本は内容が濃い本なのでまだまだ書き足りません!

この本のテーマは起業ですが、ビジネスのスキルアップに直結する内容が書かれてあるので、起業を考えている人もそうでない人もビジネスに携わっている人なら今すぐ読むべき内容になっております。

一つひとつのエッセンスやノウハウに必ず具体的な事例がついているのでとても分かりやすいので、スラスラと読めてしまうと思います。

難しい言葉も一切なく平易な言葉で書かれています。

また、

「魚」の釣り方でなく「魚」を与えよ。
宣伝はセックスのようなものだ。

など分かりやすいたとえで目から鱗なビジネスの本質について書かれているので、ぜひ読んでみてください。

テクノロジーの普及によって世界中からあなたの価値、小さなアイデアが見つけてもらえるようになりました。

仕事を辞めなくても、大きな資金も必要ありません!

失敗してもまたチャレンジできます!

あなた自身のアイデアと価値であなたの人生を生きましょう!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest