読書カレッジ

「いいねの力で誰でも無名から有名人になれる!?」

「いいねの力で誰でも無名から有名人になれる!?」

本を読んだ人:くぅーたぶ

突然ですが、あなたはフェイスブックを利用していますか?

SNSは世界中で利用されているので、なんとなく友人とつながるために登録されている方も多いのではないでしょうか。

実はそのフェイスブックを有効に活用することで、だれでも有名人になれるチャンスがあるのです!

「あっという間に有名人!誰でも夢がかなう魔法のことば 高野聖 著」

を読んで、自分を沢山の人にアピールしてみませんか?

フェイスブックの「いいね!」機能を上手に使うことで、多くの人に自分のことについて伝えることができます。

その結果、自分の認知度もあがり、上手く活用できれば、お金が舞い込んでくるチャンスもあるのです。

実はすごい!「いいね」の力

フェイスブックの「いいね!」機能を使うと、いいねをつけた人のフェイスブック上で登録されている友達も自分が発信した情報を見てくれます。

また、その友達が自分の情報に対して、「いいね!」をつけてくれることで、その友達のフェイスブック上で登録している友達のところにまで自分が発信した情報が伝わります。

結果、沢山の人に対して自分という人間がどういう人か伝えることができ、あっという間に有名になることができます。

その状態を上手くビジネスに使うと、お金が発生する案件が入ってくるチャンスをつかめる期待ができます。

そのチャンスを活かすことができれば、お金が自分のところに舞い込んできます。

この本では、1000いいね!をつけると自分のブランディングを確立させることができると伝えています。

1000いいねをつけることでどんな効果が期待できるのか、みなさんへお伝えします。
1000いいねをいただくと以下の3つの効果が期待できます。

1.人脈構築ができる
2.口コミ発生ができる
3.巻き込みをおこさせる

1.人脈構築ができる

フェイスブックはプロフィール機能があります。

プロフィールには写真を載せる項目があります。

自分の顏写真を載せることで、自分が誰なのか相手が容易に理解することができます。

プロフィールが完成された状態で、フェイスブックでお友達をつくり、毎日いいね!やコメント返信をしていると、実際に会ったときに初対面ではなく、昔会ったような感覚で交流することができます。

フェイスブックを利用しないで人と初めて会うと、お互い緊張してしまい、お互いの良いところ、悪いところを探るところに力を注いでしまうため、警戒心が先立って人脈構築ができにくくなってしまいます。

フェイスブックはいいね!をつけてお互いを誉めあう社会ですので、悪い面を探す心配はほとんどなく、素敵なビジネスパートナーや友達と巡り合うことができる機会が多くあり、人脈構築に繋げることができます。

2.口コミ発生ができる

フェイスブックで「いいね!」を押していただいたことで、友達の友達にまで自分の情報をみていただくことができます。

例えば、100人友達がいて、自分の記事が1000いいね!の記事だと、100人×1000いいね!という風に、100人の人に1000いいね!の記事を読んでもらうことができます。

フェイスブックの上で1000いいね!の記事は有名記事なので、100人にその記事が伝わることで、100人が登録している友達もその記事をみてくれるチャンスがあるかもしれません。

また、人が商品を買う際、95%の人が身近な人の口コミによる情報を頼りに購入しているという統計がでています。

1000いいね!の記事も身近な人の口コミと同じ効果を発生させることが期待できます。

3.巻き込みをおこさせる

フェイスブックはシェア機能を活用することで、ネットを騒がせるほどの巻き込みをおこさせることができます。

ブログやホームページは偶然的に口コミを発生させることはありますが、フェイスブックはより多くの人を意図的に巻き込み、自分のファンにさせることが可能です。

ファンにさせることで、口コミも意図的に発生させることができます。

1000「いいね」をいただく2つのコツ

1.プロフィールをしっかり作ること
2.「与えよさらば与えられん」の精神で活動する

この2点を取り組むことで、1000いいね!をいただきやすくなります。

1.プロフィールをしっかり作ること

プロフィールは自分の人間性を伝えるツールです。

「わたしはこんな人間です」ということをしっかりかくことで、相手は自分のことを理解してくれて、信頼感をもってくれます。

そして、人間性を理解した上で、記事を読んでいただくことで、いいね!が付きやすくなります。

プロフィールの中に、「大きな出来事・転機」などを盛り込むとより一層共感を得ることができます。辛かったことだとさらに共感を得やすいです。

人はストーリーに共感する生き物です。

また、どん底から這い上がったストーリーはそのプロセスに共感を得る人が多くいます。

2.「与えよさらば与えられん」の精神で活動する

ギブ&ギブの精神で、取り組む必要があります。

例えば毎日、フェイスブックを閲覧して、共感した記事にいいね!をつける。

そしてコメントを入力することを継続することで、自分に対してフォローしてくれる人が出てくるかもしれません。

最初はなかなか反応が返ってこないかもしれませんが、諦めずに、「与えよさらば与えられん」の精神で取り組むことで1000いいね!をいただくチャンスが広がります。

当たり前ですが、1000いいね!をいただくためにはまず、フェイスブックを始めなければいけません。

登録されていない方はまずは登録してみましょう。

そして、フェイスブックの記事を実際に見てみましょう。

登録されている方は、記事にいいね!やコメントを書いてみましょう。

もしかしたら、友達になって、自分が発信した記事にいいね!

を付けてくれるチャンスがあるかもしれません。

まとめ

フェイスブックの「いいね!」機能を上手に使うことで、多くの人に自分のことについて伝えることができます。

その結果、自分の認知度もあがり、上手く活用できれば、お金が舞い込んでくるチャンスもあります。

今は、一億総情報社会と言われています。

自分自身が無名な人でも、簡単に有名人になることも可能なのです。

自分自身のブランディングをもつためにもフェイスブックを活用してみてはいかがでしょうか?

ぜひ、この本を読んで、最初の一歩を踏み出していただきたいです。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest