読書カレッジ

「あなたの値段」はいくらですか?

「あなたの値段」はいくらですか?

こんにちは!読書カレッジのまさたんです。

僕は常々「働き方を問わず、個人の価値を上げること」が大切だとお伝えしています。

そのためには

・スキルアップ
・能力としての自分の「資産」作り

はもちろんのこと、自分のスキルや資産を活かせる環境を選ぶことや人脈作りをすることも不可欠です。

働き方と同時に稼ぎ方もポイントとなります。

例えば、

・コンテンツなのか集客なのか
・「人材」となるのか「人材」を束ねるのか

様々な観点から自分の「ポジション」をどう取って生きていけば良いのかをシェアしていきます。

何かヒントになればと思います。

なぜ”マーケットバリュー(市場価値)”が必要なのか

さて、これからますます個人の時代になっていきます。

一生懸命勉強をして、良い大学を出て、良い会社に入ったら一生安泰みたいな時代はとっくに過ぎ去り、働き方改革の中でもビックデータの影響で多くのインターネットを使った個人事業が流行ったのも数年前のこと。

ここ1〜2年は「スキルシェア」も個人の働き方や稼ぎ方として主流になってきました。

そういった副業や複業の時代の中で、どう勝ち抜いていくか。むしろ勝ち続けるというよりは「負けない」「負けにくい」ポジションを取った者が結局のところ勝ち残っているという現状は火を見るよりも明らかです。

では、そのポジションをどうやって取っていくかについてお伝えしていきます。

ポジションとは、その市場の中で誰とどう戦ってどう負けないか、「マーケットバリュー = 自分の市場価値」のこと。

例えば今までは、仕事を選ぶ時

・給料がいくらか
・残業がどれくらいか
・やりがいはあるのか
・人間関係は良好なのか

のような観点で会社を選んだり、伸びそうまたは廃れなそうな業界で仕事を選んだりしていたと思います。

でも、今後はマーケットバリューを意識して働き方を選ぶ必要があるということです。

・正社員
・派遣
・フリーランス

どの形式を選んだとしても、もマーケットバリューをおさえて「世の中から必要とされるような仕事」をできる人が今後の大きな需要になってきます。

なので、前述のような給料・時間などだけではなく、

・どの業界が伸びそうか
・その仕事の中でどんな事を解決できたら需要があるか
・それを自分がやることは「生きがい」と思えるほどのものか

という観点をもって、世の中を見ていきましょう。

そのためにはニュース(おすすめはNewsPicks)やTwitterで経営者が直接つぶやく情報をしっかりキャッチしていけると良いです。

おさえておきたいスキルと伸ばしたいスキル

ちょっとしたことで言うと、例えばエクセル・ワード・パワーポイントは多くの人ができると思います。僕の頃は大学でエクセルとワードの必修授業がありましたが、今や小学生でも必須科目化していく時代ですからね。

企業側からみたらそれらができることは当たり前であり、むしろそれらのスキルがないことは、周りと比べてとても劣っているという評価になります。

だからといって、世の中から見たら、エクセル・ワード・パワーポイントができるからといって特別すごくもないし、大した強みにもならないでしょう。

ここまではもはや必要最低条件とも言えるわけです。もしこれらが苦手なのであれば、まずそこを満たしましょう。

それから、そういったオフィスソフトを使いこなせるかという以上に、「あなたしか持っていないスキル」があると強いです。

そのスキルが世の中の需要に合えば、あなたのマーケットバリューは一気に高まります。

つまり、あなたの得られる年収は格段に上がる可能性があるということです。

「スキルシェア」にも代表される通り、「人より少し得意なこと」「自分の得意なことで、苦手な人にとっては救って欲しい痛みがあること」などが価値になるのですね。

なので今後将来、マーケットバリューの考え方はもっと浸透し、うまく自分の価値を活かせる人は世の中に必要とされ続けるでしょう。

こうしてますます所得格差も広がっていくと思います。

あとは、AIの進化や外国人労働者の増加により、日本国内での雇用機会が今以上に競争率が高くなることはイメージできていますか?

翻訳技術が進化したり、日本人独特の「心遣い」みたいな部分が自動化されたオペレーションに世間が慣れていけば、もはや日本で日本人が優先的に雇用される理由はほとんど無いといっても過言ではありません。

今から準備していこう!

「働かなくてもいい」時代で「働いてもいい」けれど、「働けない」人も確実に増えることが予想されます。

(「働かなくてもいい時代」って何だ?という人はこちらの記事をご覧ください)

そして所得格差はますます広がり、より一層の二極化が訪れると言われています。

大金持ちになれ!稼いで稼いで稼ぎまくれ!と言いたいのではなく、自分にとって必要な収入をしっかりと手に入れ、望んだ未来を歩んでいけるように、自分自身のマーケットバリューを高める必要があるということです。

要するに、どのポジションでもいいから、世の中から必要とされる人材になる必要があるのです。

どのマーケットで勝負するかによりますが、今の職業や環境、能力によってはスキルアップやスキルチェンジが求められることもあります。

それは一朝一夕で容易に身につくものではないので、今のうちから視野を広げてしっかりと準備しておくことをお勧めします。

個人の時代に生き残るために、まずは自分の生き方や将来を見つめてみましょう。

読書カレッジでは、様々なスキルや経験を持っている方がたくさんいます。メンバー間の交流の機会もたくさんあるので勉強になると思います。

また、1500冊の本に今後可能性のある働き方や、そのために必要なマーケットバリューの働き方など、ヒントとなる本がたくさんあります。

例えば、読書カレッジにはエンジニアが多数所属しており、プログラミングの参考書も多数揃えております。

今後の自分のキャリアを考えるならば、ぜひ一度のぞいてみてくださいね!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest